癒しのアロマテラピーはヒーリングライフ・・・

ヒーリングライフアロマ
癒しのアロマは魔法のアロマ

アロマオイルの扱い方

アロマオイル(精油)の扱い方

アロマテラピーの基本となるアイテムが、「アロマオイル」。
難しい道具などを使わなくても、このアロマオイルさえあれば、アロマテラピーを楽しむことが出来ますよ。
アロマテラピーの具体的な楽しみ方を説明する前に、まずはアロマオイルの取扱い方法注意点について理解しておきましょう。

アロマオイル(精油)の取り出し方

アロマオイルは日光の影響を非常に受けやすいため、通常は青色か茶色の遮光ビンに入っています。(まれに緑色や赤色のビンもあります)
ビンにはキャップがついており、キャップをあけると、中ブタ(ドロッパー)がついています。
ドロッパーはオイルを1滴ずつ落とすためのもので、1滴の量はおよそ0.05mlです。
アロマオイルをたらすときは、ビンを静かに傾け、1滴ずつ落として下さい。
ビンを傾けて自然にアロマオイルが落ちてくるのを待つのがよいでしょう。
アロマオイルの粘性により、オイルがビンから出にくかったり、また大量に出たりすることがあります。
特にサンダルウッドやベンゾイン、ベチバーなどは粘性が高く、なかなかビンから落ちてこない場合があります。
アロマオイルが出にくい場合はむやみに振ったりせず、逆さにした状態でしばらく保持して下さい。
逆に、大量に出てしまう場合は、ビンを少しずつ傾けるようにして下さい。
ビンやキャップについたアロマオイルは、ティッシュできれいに拭き取っておくと安心です。

アロマオイルは冷暗所で保管

アロマオイル(精油)は天然成分を利用しているため、保存環境には気を遣いましょう
日光や熱などの影響を非常に受けやすいですので、風通しのよい冷暗所で保管するのがベストです!
また、湿気や火気も原料が油なのでもちろん厳禁です。
アロマオイル(精油)は、揮発性が高く空気にふれると酸化していきますので、使用後必ずキャップをしめるようにします。
品質保持の目安は、未開封で2年開封後は1年です。
オレンジやレモンなどの柑橘系のアロマオイルは変質しやすいため、開封後6ヶ月を目安にして下さい。
なお、パチュリのように、年とともに質が良くなる精油もあります。

敏感肌の方はパッチテストを

アロマオイル(精油)原液を直接お肌につけることはできませんが、ホホバオイルなどのキャリアオイルで1%以下に希釈すれば、お肌のトリートメントに使用することが出来ます。
ただし、たとえ希釈したとしても、アロマオイルの種類によっては、その成分が体質に合わない場合もありますので注意が必要です。
肌の敏感な人アレルギー体質の人は反応が出やすいですのでので、精油を使ったトリートメントを行う場合は、事前にパッチテストにより安全を確認することをおすすめします。
パッチテストの方法は簡単です。
二の腕の内側など敏感な部分に希釈したアロマオイルを少し塗って、数時間から1日様子を見ます。赤みや腫れが出なければ大丈夫です。
逆に反応が出た場合は、肌に合わなかった証拠なので、使用をやめる医師に相談することをオススメします。
自分にあったアロマオイルを正しく使うことが重要です。

アロマオイルの注意点

アロマオイルの注意点

アロマオイル(精油)は天然のものですが、植物から抽出する際に自然の状態に比べかなり濃縮されています。
使い方を誤ると著しく健康を損なう場合がありますので、アロマテラピーを行なう際には、以下の点にご注意の上、安全にお楽しみ下さい。

アロマオイル(精油)の原液は絶対に飲用しない

アロマオイル(精油)飲用は大変危険です。
海外では医師の指導のもとに精油を内服する場合がありますが、容量や方法を誤ると、肝臓腎臓重大な影響を与える場合があります。
一般の家庭で楽しむ場合は絶対に避けてください。
また、乳児などが誤って飲まないよう、保管には十分お気をつけください。

アロマオイル(精油)の原液は直接肌につけない

トリートメントでお肌に使用する場合は、必ずホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどキャリアオイル(植物油)1%以下に希釈して下さい。
ラベンダーとティートリーの精油は例外的に原液を肌につけることができると言われていますが、お肌の弱い方は避けた方が無難ですよ。

光感作用のあるアロマオイル(精油)に注意する

ベルガモット、レモン、グレープフルーツなどの柑橘系のアロマオイルをマッサージなどでお肌につけた後に日光に当たると、皮膚が赤くなったり痒くなったりすることがあります。
これは「光感作用」といわれるもので、シミなどの原因となりますので、これらのアロマオイルをお肌に使用した場合は、その後数時間は強い紫外線を避けて下さい。
(夜間のトリートメントをおすすめします)
ベルガモットFCF(フロクマリンフリー)など、光毒性成分あらかじめ除去したアロマオイルもあります。

使用上の注意

妊娠中の方は使用量・使用方法に注意する

お部屋で香りを楽しむ程度であれば、妊婦の方でも特に問題はありません。
妊娠期は香りに敏感になる場合もあるため、香りの強さは控えめにすると良いでしょう。
ただし、トリートメントに関しては、皮膚を通して精油の成分が比較的多く体内に取り込まれるため、万一を考えて妊娠中は控えて下さい
一部の精油には通経作用(月経を促進する作用)が認められているため、出産に影響を及ぼす可能性があると言われています。

乳幼児に対しては、使用量・使用方法に注意する

3歳未満の乳幼児は体重も少なく、抵抗力も弱いため、芳香浴以外の使用は控えて下さい。
芳香浴に使うアロマオイル(精油)の量も、大人の半分以下にすると良いでしょう。
誤飲やいたずらを避けるため、アロマオイルは子供の手の届かない場所に保管して下さい