癒しのアロマテラピーはヒーリングライフ・・・

ヒーリングライフアロマ
癒しのアロマは魔法のアロマ

アロマテラピーって何ですか?

アロマ=aroma」とは「芳香」、「テラピー=therapy」とは「治療」のこと。
アロマテラピーとは、植物の持つ芳香成分を利用した自然療法のことを意味します
(大自然の力、ナチュラルパワーですね・・・(^^))
花屋の前を通りかかると、呼吸を始めた花が香りを出していてなんとなくホッとした気分になったり、気分が悪いときにスゥッとする香りをかぐと、からだがシャキッとしたり・・・。
そんな経験はありませんか?
香りには、こころやからだをリラックスさせたり、リフレッシュさせたりする力があるのですよ。
アロマセラピーについて正しい知識を得、アロマテラピー・アロマセラピーを簡単に生活に取り入れちゃいましょう♪

社団法人日本アロマ環境協会では、アロマテラピーを以下のように定義しています。

アロマテラピーは精油を用いてホリスティックな観点から行う自然療法である。
アロマテラピーの目的は以下のとおりである。

1.リラクセーションやリフレッシュに役立てる。
2.美と健康を増進する。
3.身体や精神の恒常性の維持と促進を図る。
4.身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す。

文字を読んだだけでは、なかなか分かりにくいですね。
ここで重要なのは、「ホリスティックな観点から行う自然療法」という部分です。
ホリスティックというのは、全体的な、という意味です。
現代社会で生活していく中で、人は知らず知らずのうちに多くのストレスにさらされます。
日常的におこる様々な心身の不調は、過度のストレスが原因になっておこることがとても多いのです。
こころとからだが密接に関係している・・・つまり心身一体ということは、今や疑う人はいません。
そんな乱れたこころとからだのバランスを整え、トータル的に健康をサポートしていこうというのが、英国を中心に発展したホリスティックアロマテラピーの考え方なのです。
人は古来から、植物の持つ力をおおいに活用してきました。
薬草で傷を治したり豊かな緑に囲まれてリフレッシュしたり・・・。
植物には、人のこころとからだのバランスを整え、正しい方向に導く力があります。
その植物の持つナチュラルな力を積極的に活用していこうというのが、アロマテラピーの考え方なのです。
アロマテラピーでは、植物から得られるエキス=エッセンシャルオイル(精油)を使用します。
香りを楽しむだけでなく、美容のためお肌にトリートメントすることもあります。
アロマテラピーは決して難しいものではありません。
ですので、美容と健康に役立てるのはもちろん、素敵な香りでお部屋の雰囲気をアップさせたり、使い方によってはお掃除などのハウスキーピングに応用することも可能なのです!
香りのある素敵な暮らし、思いっきり楽しんでみませんか?

アロマテラピーなの?それともアロマセラピー?

アロマテラピーは、「アロマセラピー」と呼ばれる場合もあります。
結論から言えば、どちらも正しいですし、普通に使う分にはどちらの呼び方でも構いません。
アロマテラピーは、「Aromatherapy」と表記します。
このスペルをフランス語読みすると「アロマテラピー」となり、英語読みすると「アロマセラピー」となります。
つまり、フランス語と英語の違いで内容は一緒と言うことですね(^^)
アロマテラピー」という言葉は造語ですが、20世紀のフランス人化学者、ルネ・モーリス・ガットフォセが命名しました。
アロマセラピー」という呼び方は、医療従事者を中心によく使われています。
これは「セラピー」という言葉が「治療行為」を意味する言葉であることが関係していると思われます。
ただし、日本ではアロマは治療行為として認められていないため、その点だけは注意が必要です。
ちなみに、日本においては、「アロマテラピー」という読み方のほうが支持されているようです。
私個人=当サイトでは、「アロマテラピー」という言葉で統一させて頂きます(^^;。

☆プチ豆知識的情報☆

アロマテラピーの歴史とか(^^)

アロマテラピーという言葉が生まれたのは20世紀前半のことですが、人と香りのつながりは非常に古く、古代エジプト時代までさかのぼります。
すでにこの時代から、ミイラを作るときの防腐剤医療行為、香水として、植物の成分や香りが使用されていたことが文献で確認されています。
同様のことはメソポタミアやギリシャでも行われておりました。
また、中国やインドでも宗教的儀式の1つとして香りが活用されてきました。
11世紀になると、エッセンシャルオイル(精油)の代表的な抽出方法である水蒸気蒸留法が確立し、また17世紀のペスト大流行の際には、部屋の消毒のために芳香浴が利用されました。
民間療法として着実に発展をとげてきた芳香療法ですが、19世紀になると西洋医学の発展の影に隠れて徐々に衰退していきます。
しかし、20世紀になると、フランスでは、ジャン・バルネらにより主に精油の薬理作用に関する研究がなされ、またイギリスでは、マルグリット・モーリーやロバートティスランドにより、こころとからだのバランスをはかるホリスティック(=包括的)医療としての研究がなされ、アロマテラピーは学術的に発展をとげていきます。
日本においてアロマテラピーが普及しはじめたのは、90年代前半のこと。
ストレス社会に生きる現代人に安らぎを与えるもの「癒し」として、アロマテラピーは今後ますます注目を集めていくことでしょう。